Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

婚活のフリートークでよくある質問に対する返し方集

  • 2014.09.16
  • 2018.04.01
  • 会話
婚活のフリートークでよくある質問に対する返し方集

出会ったばかり、初対面の男性との会話はとても緊張するものです。

特に最初の会話は相手にフィーリングを感じてもらうチャンスでもあるので、キチンと詰めておきたいところですね。

 

この時に、どんなネタで会話をするかによって相手との距離が決まってしまうのでいい加減な会話をする訳にはいきません。

恋愛系の本などに良くあるのが、「女性は話が好きなので男性はひたすらに聞き手に回る」というものです。

これはこれで構いません。男性が聞き手に回るのであれば、女性は甘んじてトークに専念すべきです。ただその時でもなるべく自分の良さを見せられる話をすべきです。

 

男性が興味を持てない&女性の良さが見えてこない話ではただの五月蝿い女になってしまいます。(中には何でも良いから喋っていて欲しいという男性もいますが)

今回の記事では、婚活の場でよくある質問に対する好印象な返し方を紹介します。フリートークの際などに活用して下さい。

1年中警戒しておくべき鉄板の質問

どんな趣味がありますか?

大抵はプロフィールに趣味が書いてあるので、まんま上記のような質問はありませんが、便宜上そうしています。この時の返しは、お金が掛からない趣味の話をするのがコツです。

お金が掛からないというところがポイントです。お金が掛かる趣味は、その話をするだけで男性を遠ざける可能性があります。

 

男性から趣味の話を振られたら、お金が掛からない趣味の話をしましょう。男性が共感できる趣味である必要はありません。

手芸やお花などの女の子らしい趣味は映画やスポーツに比べ男性の共感を得ることが出来ませんが問題なしです。

 

ただ、趣味の話はあまりにインドアかアウトドアか片方に寄ってしまうと、受け入れてもらえないこともあります。

例えばアウトドア派の男性にガチガチのインドア趣味の話をすると、「外に連れ出せないかもな・・・」と思われたりします。

 

インドア派の場合は、アウトドアに興味があると伝えておくとその点は解消できます。ただ嘘の無いようにしましょう。

相手に合せるのが面倒と感じるのであれば、ガンガン自分を出していくというのも逆にありです。趣味に関しては結婚後に共通の趣味を見いだせれば良いという男女は多いです。

 

相手「趣味はなんですか?」

自分「あんまりなくて・・・家でごろごろしちゃうんですよ^^;」

相手「そうですか・・・インドアなんですね」

自分「いいえ、本当は色々やってみたいことはあるんですよ」

※あらかじめやってみたいことを用意しておく

相手「なんです?」

自分「旅行に言ってみたくて、でも1人は怖くて、相手さんと一緒に行きたいです」

お仕事はどのぐらいされてるんですか?

男性にもよりますが、中には仕事の話を振られる場合があります。上記の通りの質問でも、安易に年月のみを答えるのはNGです。相手が聞きたいのはそこではありません。

仕事に対する考え方なども深く語る必要はありません。 男性が知りたいのは、しっかりと責任を持って仕事を継続できるのかどうかです。

 

簡単に仕事を放棄する女性は仕事だけでなく育児や家事なども放棄するのではないかという裏の心理が働いています。

仕事の話を振られたら、特別な理由で辞めたのでない限り、仕事を辞めた話はしないようにしましょう。なるべく仕事を長く頑張っていると答えておけばOKです。

休日は何をされているんですか?

この質問は話下手の男性が多用する質問です。が、話下手=性格が悪いわけではないので蔑ろには出来ない質問です。

休日は何をしているの?という質問に対しては、やはりお金の掛からない健全な時間の使い方をしていることをアピールする必要があります。

 

習い事やヨガをしていると答える女性もいますが、これは安く済ませていることを伝えないと悪印象になる危険があります。

「家でのんびりしていることが多いです。」ぐらいにとどめておき、そこからお金の掛からない趣味の話に転じるのがオススメの流れです。

 

相手「休日は何をしてます?」

自分「家でのんびりしてます。料理が好きなので♪」

相手「料理ですか、いいですね」

自分「相手さんは好きな食べものとかあります?作ってあげたいです。」←母性本能を刺激

可愛い服ですね?

服やアクセサリー、ネイルなどから会話がスタートした場合、その服やアクセサリーの話を長々とするのは駄目です。

男性はこの時、身につけているモノに興味を持っている訳ではありません。

 

とりあえず話のネタを振って無言の時間を無くしたい。相手を褒めて好印象を与えたい、相手が盛り上がってくれればと考えています。

別の盛り上がる話題に転じればラッキーぐらいな感覚です。

 

なのでお言葉に甘えて、別の話しやすいネタに話題をチェンジして問題ありません。

「服はネットで中古なんです。まともに買うと高くて・・・。物持ちも良い方なんでこのカバンなんて4年ぐらい使ってます。貧乏臭いですよね(笑)。」

サクッとお金が掛からないアピールでもしておきましょう。悪印象は与えません。

今日はどんな感じですか?

「会場まで迷いそうになりました。」 「こういうのは慣れてなくて・・・」

場の雰囲気系の質問です。こういった言い回しで会話をスタートした時は、基本的に自分も慣れてないという事を意識して話を進めます。

 

婚活で相手に与えたくない印象は、「何度も参加して売れ残っている」という印象です。

これだけは避けたいものです。 自分も慣れてなくてよく分かっていないことを伝えましょう。

 

相手も慣れていないのであれば同調するだけで大丈夫です。 そこから仕事、趣味や私生活の話にシフトしていきます。

最近寒すぎ(暑すぎ)ません?

天気系の質問です。これも例によって基本的な質問になりますが、寒いですねと答えるとそれで会話が終わってしまいます。

自分の印象も悪くすることの無い安全な質問なので、ガンガン会話を広げたい質問です。

 

「暖かくするために湯たんぽを買ったんですけど~」などと私生活の会話にシフトするのが良いでしょう。

温かい食べ物(好きな鍋談義など)、温かい場所(沖縄談義など)などなどお互いが盛り上がれるネタに繋げるのが鉄則です。

 

他にもいくつかの知っておくべき質問を一覧にしておきます。シュミレーションして自然と対応できるようになるといいでしょう。

・食べ物が好きですか?

・旅行は行きますか?

どこが好きですか?

・どんな映画が好きですか?

・夢とかはありますか?

・結婚したらやってみたいことは?

もちろんこれらの質問は対応するだけでなく、相手に返すことも出来ます。話題に困ったら使えるものです。

返し方の基本

どのような質問でも、共通して意識しておくべきことがあります。話が盛り上がれば最高ですが、盛り上がらなくても最悪意識しなければならないことです。

・お金が掛からないこと

・責任感、忍耐力などの人間力があること

・売れ残っていると思われないこと

これは絶対です。

 

どんなに話が盛り上がっても、上記の内一つでも欠けていると思われると、それだけでアウトになることもあります。会話の際は相手に悪印象を与えないようにしましょう。

普段からのイメージと実際の経験が大切です。どんな質問をされるのか、実際にどんな質問をされたのかスマホのメモにでも書いておくと良いでしょう。

 

上手く切り替えせれば、後は連想ゲームで会話は弾みます。婚活の場では思わぬ質問に遭遇することがあります。

血液型や家計の話、掃除をしているかなど、そんなのは可愛いもので、中には理想のウェディング、男遊び、借金や連帯保証人、家族の変な風習の有無を聞かれた人もいます。

そういった男性は不気味な異常者として処理され、自然とフェードアウトしていくものですが、出会ってしまった時に、キチンと答えるか、スルーするかは決めておくと後々疲れずに済みます。

 

上手く相手に気に入られることも必要ですが、自分の心を疲弊させないための防御としての返し方も考えておくと良いでしょう。下手に絡まれるとかなり削られますからね。

上記の事を徹底することで、第一印象で男性に切られることも少なくなります。この部分で男性に気に入られて始めて次のステップに進むことが出来ます。

会話カテゴリの最新記事